瑞雲書道会とは

 

瑞雲書道会とは

瑞雲書道会は、豊道春海先生(1878〜1969)により大正3年(1914)に創立された伝統ある団体です。純正清真な書道芸術の振興発展を目的として、展覧会の開催、文化活動を通じて人格形成に資することを目的としています。 豊道春海先生は、会員の育成のみならず、わが国の書道の発展と普及・振興、書を通じた国際親善などに尽力され、今日の書壇の礎を築きました。その功績により従三位勲二等に叙せられたほか、日本芸術院会員、文化功労者として活躍されました。 瑞雲書道会は、力強くも優雅な豊道春海先生の書道精神を受け継ぎ、確固とした基本技の上に感性豊かで創造性ある作品づくりをめざしており、現在約1,000人の会員を擁し、次代書道家の育成に努めています。毎年1月に開催する「瑞雲春秋展」、7月に開催する公募展「瑞雲書道展」を2大行事として、広く書道の振興・普及に努めています。

瑞雲