豊道春海先生の業績

略歴

瑞雲書道会の創立者
豊道春海先生
(1887〜1970)

明治11年(1887)
9月1日栃木県那須郡佐久山町(現大田原市)に川上茂平の三男として出生。
明治24年(1891)
14歳で西川春洞門に入り、書道を修める。
大正 3年(1914)
瑞雲書道会を興す。
大正15年(1926)
東京都美術館建設直後、寄付者である佐藤慶太郎氏の賛助を得て、日本書道作振会展を同美術館にて開催。書道展初めての同館使用の目的を達する。
昭和22年(1947)
帝国芸術院会員となる。(7月)
昭和23年(1948)
「日展」の書道部5科新設に尽力する。
昭和25 年(1950)
小中学校における毛筆習字復活のため5年の歳月にわたって努力、翌26年4月より実施されることが決定。
昭和39年(1964)
中国より招聘され「豊道春海個展」を開催、北京、広州、上海で巡回展。
勲三等瑞宝章を受ける。(11月)
昭和42年(1967)
書道界で初めて文化功労者に選ばれる。(11月)
昭和45年(1970)
9月26日遷化。
法号「書禅如院大僧正春海慶中大和尚」
従三位勲二等を追叙される。享年93歳。

第1回訪中、北京奉先殿で
「和平友好」の大字揮毫(昭和33年)