東京の書道教室 瑞雲書道会

瑞雲書道会 全国書道教室ガイド

NEWS&TOPICS

第55回公募瑞雲展を開催

第55回公募瑞雲展は、7月2日から8日まで東京都美術館で開催されました。コロナ禍の影響で2年ぶりの開催となったもので、感染防止に配慮しながら会場には多くの来場者がありました。会場には、吉備真備の唐代墓誌の碑文拓本を展示する特別コーナーも設けられました。また、授賞式は、2日午後2時から都美術館講堂で行われ、内閣総理大臣自由民主党総裁菅義偉賞は岡田貴桜さんが受賞しました。(写真を見る

書道の日ロ交流さらに深まる

第4回ロシア極東書道文化交流の旅が2019年9月23日から5日間行われ、曽田成則理事長、安藤清舟副理事長をはじめ14名がウラジオストク市を訪問。25日には「第4回書道教室」をウラジオストク国立経済サービス大学で開催しました。これは、ロシアにおける日本文化紹介の一環として外務省(在ウラジオストク日本国総領事館)が後援、書道を通じた国際交流をより深めました。(写真を見る

●豊道春海先生が使用した大筆

豊道春海先生が使用した大筆は、秋田県横手市の雲煙堂で作られた横手筆。横手は江戸末期から大正期にかけて筆の生産地として全国的に知られていました。この大筆は、現在、横手市市指定文化財として保管されています。(展示はされていません)

第55回公募瑞雲展
入賞者

第55回公募瑞雲展の各部の入賞者は次の通りです。

<入賞者一覧>

第55回瑞雲展


文部科学大臣賞受賞作品(荒川清舟)

内閣総理大臣・
自由民主党総裁賞作品
(岡田貴桜)

<過去の写真を見る>

豊道春海先生の作品

第42回瑞雲展

「福寿」
条幅 昭和33年
(81歳)
<作品を見る>